学習教科は

「 英・数(算)・国・理・社・音読・作文・コミュニケーション力・・・

                         なぜ?


「なか塾」 は こんなところに 重点を 置いています


工夫する力の向上

「勉強=丸暗記」を「勉強=論理的に理解する」に 変える

自習時間(勉強時間)を増やすだけでは成績が上がらないことがあります。

好ましい考え方を身につけてから勉強しないと、一過性で成績は上がりますが 頭打ちになってしまいます。丸暗記が増えると、苦痛になり勉強嫌いに なってしまいます。そのやり方(丸暗記など)で長く勉強すると、好ましくない思考の癖が より固まってしまいます。

        ※ 好ましくない考え方(勉強時)・・・丸暗記・しっかり文を読まない などの非論理的思考

学習塾に行っても なかなか成績が上がらない というお子さんが いらっしゃいます。原因の一つは、上記のことを 重要なことだと認識していない講師の方が 指導をされているからです。最初から勉強ができる人(論理的に考える癖が身についている人)は この違いがとても重要だとあまり思われないことが多いです。論理的に考えるのは当然だと思われているので、このポイントに気づかない講師の方もいらっしゃいます。文を雑に読む・思い込みで解く に寄り添い、好ましいやり方に 改善していきたいと思います。個別指導であることの良さを、最大限に引き出したいと思います。


コミュニケーション力(読む力・書く力・伝える力)の向上

改善するために

  国語科の学習を 1 : 1 で丁寧に行います。

国語力はコミュニケーション力(人とだけではない)だと思います。国語力が上がれば他教科にも良い影響があります(理解しやすいため学習時間の短縮・定着しやすい・忘れにくい など)。『 文章は読めるけど作文が苦手 』 という お子さんが多いです。しかし 『 作文が得意なのに、文が読めない(理解できない) 』という お子さんは ほとんどいません。

※ 「 しっかり読めてる!」 と言って、本当に読めている お子さんは 少ないです 

まずは作文力を身につける

 どこの学習塾も 「国語が大切ですよ」 と言われるようです。しかし、なかなか丁寧に指導できない ・ 指導自体行わない のが 現状のようです。

 国語科 は 改善ポイント を 見つけるために 大きな労力が 必要になります。また、使いこなせる言葉の数(語彙力)をすぐに増やすことはできません。効果があらわれるまで とても時間が掛かります

つまづきにはいろいろな原因があります

① 積極的にコミュニケーションをはかりたいが言葉を知らない。 ② 言葉は知っているが意欲がない。 ③ 言葉も知っているし意欲もあるが、「相手が理解しやすい言葉の使い方」を提案することができない。 (※ 相手が理解して、初めてコミュニケーションは完結します) ④ その状況の経験がないために、登場人物の行動から 気持ちを読み取ることができない。⑤ コミュニケーションが面倒くさい(相手任せ) などなど

 国語力が改善されないの講師側の力不足も原因の一つです

① コミュニケーションをはかる場合、受ける側(講師など)の理解力が高いと お子さんが 工夫すること無く コミュニケーションが 完結してしまいます。講師が しっかり意識しないと 生徒の力不足に気づきません。 ② 「なんとなく分かった・なんとなく答えが合っている」 で 「特に問題なし」 と判断してしまう講師の方がいらっしゃいます。 つまり、現状維持の容認です。 ここが大きな問題で、 国語科は 他の教科と違い、 これが頻繁に行われます。


『 つまづき 』 の原因をしっかり考える

「つまづき」の原因をしっかり確認することはとても大変です。

効果的な学習提案を行うためには「つまづき」をしっかり把握することが大切です

月に1回 必ず 教室長が 直接指導を行います。

これにより 学習状況(つまづき・これからの課題・必要な戻り単元・定着度など)を具体的に把握することができます。効果的な学習計画を立てることができます。

定着している単元を何度も学習させる・つまづきが見られるのに先に進んでしまう・好ましくない単元を学習させてしまう などが無くなります。

久留米市 津福 の 個別指導 学習塾  『 なか塾 』

( 荒木 南町 安武 梅満 江戸屋敷 近郊 )

〒830-0061 久留米市津福今町501-5-103

☎ 0942-65-5630

kurumestudystation.com